未分類

天気痛の原因や予防法は?神経質な人ほどなりやすい?

毎年、梅雨に天気が悪い日が続くと、なぜか頭痛や肩こりなどがひどくなる。
頭痛薬に頼らない方法を知りたいな。

このような悩みを解決します。

実際に僕も天気が悪くなると頭痛になりましたがこの記事で紹介してるマッサージを試すようなって頭痛になりにくくなりました。

本記事では、天気痛の原因と予防法を紹介します。

この記事に書いてある方法を実践すれば、薬に頼らずに偏頭痛などを予防できますよ。

天気痛とは?

気象の変化によって持病が悪化する「気象痛」のうち、痛みや気分障害に関するものを「天気痛」と呼びます。
「天気痛」と名付けたのが、医師で愛知医科大学客員教授の佐藤純さん

天気痛の原因は?

天気の崩れとともに体調が崩れてしまう理由は、気圧の変動にあります。気圧は天気の移り変わりとともに変動していますが、その変化を感じるセンサーが、耳の奥にある内耳と考えられています。内耳が急激な気圧の低下または上昇を感じると、交感神経(体を緊張させる神経)と副交感神経(体をリラックスさせる神経)からなる自律神経のバランスが乱れてしまいます。交感神経が活発になりすぎると痛みの神経を刺激し、頭や古傷が痛くなります。一方、副交感神経が活発になりすぎると、倦怠感や気分の落ち込みを感じます。「天気痛」が起こりやすい方は、内耳が敏感で、気圧の変化を感じ取りやすい状態と言えます。

天気痛になりやすいリスト

1、偏頭痛持ちだ
2、けがをした箇所がときどき痛む
3、ふだんから肩こり・首こりがある
4、几帳面な性格だ
5、新幹線や飛行機に乗ると耳が痛くなる
6、姿勢が前まがみになりがちだ

天気痛を予防する方法はコレ

くるくる耳マッサージを紹介します

耳を軽くつまみ、上・下・横に5秒ずつ引っ張る
そのまま軽く引っ張りながら、後ろに向かってゆっくり5回まわす
耳を包むように折り曲げ5秒間キープ
耳全体を掌で覆って、ゆっくり円を描くように後ろに向かって5回まわす
※朝・昼・晩の1日3回行うのが目安