映画やテレビについての感想

あらすじ

のび太の南海大冒険をみてよかったとおもいました。自分が見てみたいとおもうドラえもんとしてそれぞれのものがあるとおもいましたが、ドラえもんが活躍する場所として、いろいろな場所がある。ドラえもんがどんな風にしてすることができるのか、それぞれの場所にいくことや、移動をすることでできるそれぞれの手段があるとしたら、それぞれ場所を決めていったことによってどんな風な探検がおきるのか考えてみたいとおもいます。ドラえもんというと、それぞれ映画の中では、日ごろしていない探検などをする。探検をすることでできるそれぞれの手段によってできるドラえもんの姿をみて、それぞれ場所をかえて見れるドラえもんの様子をみることができるとおもいます。ドラえもんというとそうした場所を変えたことでみれる冒険などの映画がある。冒険というと、それぞれ漫画などにはじめからあるテーマとして、それぞれの場所を変えて、未開の地などを探検して漫画の主役がどんな風にして振舞うか、自分たちがどんな風にして移動をしてその場所に到達したのか、その場所でどんな風にして物事が起きて解決するのか考えることができるとおもいました。のび太の南海大冒険では、それぞれドラえもんにそれぞれの南海での役割がある。それぞれ南海での傍系をすることでみられるドラえもんやのび太の様子がわかるとおもいました。

感想・面白かった点

みてよかったとおもうドラえもんの映画として、それぞれ記憶に残るものがあるとおもいました。ドラえもんがどんな風にして動いて、それぞれ映画の中で活躍するか、ドラえもんの普段の動きにはないような様子をみることができて、とてもよかったとおもいました。映画というと、そうした南海などを旅する、ことによってできる人間関係がありますが、南海などを舞台とした映画には、それぞれドラえもんなどが主題にしている自然や、それぞれの場所のことがあるとおもいました。それぞれいろいろな手段で、場所場所を変えた、自然などによってできる、いろいろな場面によっておきた事件を、手段として考えられるいろいろな装置によって解決する。ドラえもんが行う南海では、水、海といった場所によって依拠した、新しい感覚のものがあり、それによってできた世界のこととして、人よりもはるかに深い重さをもった暑さ、寒さや、重圧としての海の水などがあるとおもいました。それぞれたくさんあることとして、自分が感じられることによっておきた事件から、それを自然に起きたさまざまな背景によっておきたこととして解消して自分よりも別のものとして出現したこととして考えて、それに対する作用としての道具や、行動をすることがあり、南海でどんな風にしてのび太、ドラえもんが活動するのか考えてみたいとおもいました。

スポンサーリンク