日々雑感

飲食産業の今後のために

日本には多くの飲食店があると思います。

しかし、どんなに美味しくても安くてもやはりすぐ立ち寄れるからコンビニ、スーパー、デパートの地下街などでお惣菜を購入、家庭で温めて食べるだけで済ませてしまう人が多いのではないでしょうか。

殆どの飲食店が赤字なのではと思います。

また、今後さらなる深刻的な問題となる少子化・高齢者社会で、利用者はどんどん減っていくと思います。

どのように顧客を招き入れるかが店舗経営者の課題になっていくかと考えます。

 

飲食業界の問題点

家賃や仕入れ業者などへの支払いさえ滞っていなければ倒産、閉店はあまりないと思います。

支払いができなくなった時=運転資金が尽きることが閉店に繋がるのかと思います。

開業資金がかかること、人件費、材料費などの維持費がかかること、書き出しにも書かせていただきましたが、飲食店の利用者も減っていく今、飲食店の店舗数が減っていない。

全てにおいてこれらをプラスに持っていく案が必要かと私は思います。

そんな色々な問題点がある中、衣食住の食は人にとっては欠かせないことです。

上記問題点のうち減らせるものと言えば店舗数ではないでしょうか?

作りたいものをそれぞれのシェフが作るのは1店舗でも可能かと思います。

自分の店を持ちたい気持ちを分からなくはないですが、潰れてしまうことを考えれば、店舗数を減らすこと、一箇所でバイキングまでとは言いませんが中華、洋食、和食などを食べられる形にして維持費が出来る限りかからない様にすればよいのではないのかと思います。

飲食業界の改善点

上記にも書かせていただいた通り店舗を減らすことがいいのではと思います。

1店舗で本格的な和食、洋食、中華を食べられるお店を目指すことに尽きると思います。

それから、スーパーやコンビニに協力頂き、お店の割引券やサービス券を配ればいいのかなと思います。

客引きは難しいことだと思います。

言葉やチラシだけではあまり興味をもたない人は多いと思います。

スーパー、コンビニと連携し、割引券やサービス券だけでなく試食的なものを置かせてもらうとか客を呼ぶ方法はもうちょっと工夫をした方がいいのかなと私は思います。

美味しければお客は自然と何度も足を運ぶようになるものです。

初めは低価格でスタートするのも手だと思います。

開業時低価格ではじめるのは苦しいかもしれませんが、はじめの客引きは大切ですから。

どんなに高くても美味しい店には必ずお客様はきます。

そうすれば店舗代は3分の1、客数も増え、問題点のいくつかは改善されると思います。

スポンサーリンク