【書評】宝石の磨き方を読んだ感想

前原滋子さんの電子書籍です。

前原滋子さんはベテランの漫画家さんですが現在紙媒体での出版はなさっていないと思います。
この方の最期のコミックが永遠の誘惑というタイトルでした。

 

今回の作品はその続編です。

大人の女性が楽しめる作品を描きたいという作者の想いが詰められている漫画です。

 

作家さんが今作から全て電子媒体での漫画制作に取り掛かっており、全編フルカラーであの美しさを堪能させていただきました。

ファンが沢山付いている漫画家さんなのでもっと作品描いていただきたい人です。

あらすじ

医師として順調に生活していた凪子は運命のいたずらにより学生時代に唯一の愛した男、睦月と親友であったマリエとの息子、如月と出会い恋をする。

しかし如月は高校生。

 

年の差、睦月やマリエとの過去の時間を思い、如月と別れを決意する。

ここまでが前作のあらすじです。

 

しかしその時凪子は如月の子を妊娠していました。その事実を伏せたまま2人は別れ、凪子はアメリカへ。

異国の地で医師として母として日々奮闘して過ごしていた凪子。

同じ医師のボーイフレンドもいます。

そんな凪子の前に数年前に別れた如月が突如現れ子供の存在を知らせていない凪子は動揺します。

 

しかし成長し、医大生となっている如月は凪子を取り戻そうと必死な決意で会いにきたのでした。

凪子の1人息子を初めて見た如月は自分の子だと確信します。結婚して一緒に日本に帰ろうと凪子に伝えます。

が、凪子は決意できません。

もう一度如月を失ってもいいのか、自問し、それだけはできないとついに凪子は如月との結婚を決意します。

 

そして凪子の友人であり、如月の母であるマリエと再会します。

感想

永遠の誘惑という前作にの大ファン。

前作のラストシーンも納得のいく素敵なものだったのですが、今作でその後が描かれていてファンは待ち望んでいた続編発売です。

ファンの年齢層が高め!?な為Kindleで電子書籍を購入するのはどうしたらいいのかあたふたしながら、購入しました。

作者がFacebookをされていてそこで近況やKindleで電子書籍を購入する方法を細かに説明されています。

私はFacebookで少女時代から大好きだった漫画家、前原滋子さんにお友達になってもらえた事は今でも信じがたい事実です。

*アマゾンプライム会員になると無料で読めます。

肝心の作品は今回フルカラーでとても綺麗な絵です。

絵美しいですが作者の漫画の醍醐味であるセリフやストーリーは相変わらず漫画の域を超えていて、長年待った甲斐があると思わされます。

高校生と30代の大人の女性の恋から、医師と医学生の恋を描く今作に移行するのですが、今発売の1巻から5巻まででは2人のラブストーリーはあまり登場しません。

マリエを軸とした時間系列のストーリー展開です。

全く飽くことなく読み進めることが出来ます。

次が気になり発売を心待ちにしている作品です。

今回の記事が参考になれば嬉しいです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク