感想

1万円札を発行すべきでないこれだけの理由の記事を読んだ感想

1万円札を発行すべきでないこれだけの理由の記事は東洋経済の記事を見ました。

さて、新元号に続いて、2024年度から使われるという新しい紙幣が発表された。20年ぶりのデザイン更新となる。新札の顔となった、多くの企業をつくった渋沢栄一、女性の学びを推進した津田梅子、医学に功績のあった北里柴三郎の人選は大いによいと思う。政治家ではない点が大変結構だ。

引用:東洋経済

2024年?5年後ですね。まだまだ先ですね。

渋沢栄一さんも津田梅子さんも北里柴三郎さんも知らない人でした。

書かれているように、人選としては良かったように思えます。

名前は漢字が難しいけどテストに出るかもしれないので覚えた方がいいかも知れません。

紙幣には、(1)発行・ATM・レジ締め作業などの各種のコストがかかること、(2)不正に利用されやすいこと、(3)不衛生であること、の主に3つの難点がある。加えて、現在のゼロ金利の環境下、いわゆるタンス預金が増えていて、お金の流通が滞っている。

引用:東洋経済

紙幣の発行は確かにコストがかかると思います。

税金で発行されるのでしょうか?

不正に利用されるとは厄介な問題になりそうですね。

確かに、偽札が大量に発行されて犯罪なども増えそうですね。

タンス預金が多くて目が悪いお年寄りなどは気を付けた方がいいですね。]

キャッシュレス決済の普及は個人に関する大量のデータを生むので、新しいビジネスを後押しする効果があるはずだ。個人の取引のデータがビジネスに徹底的に利用されることには弊害もあるが、今後の技術進歩への効果を考えると、やはりキャッシュレス決済を推進することが正解だろう。

引用:東洋経済

新紙幣の発行は決まったが、キャッシュレスの方が景気の後押しになるかも知れない。

スポンサーリンク