FX

リスクオンとリスクオフについて調べてみた

1さん

リスクオン、リスクオフという言葉かっこいいけど意味がよく分からない

リスクオン、リスクオフの意味が分からないから調べてみました。

金融界全体の広義として使われていたり、FXなどの特定の金融商品に対して使われることもあります。

リスクオンとは?

投資家がリスクを取って、リターン(収益)を追求しやすい相場状況を表した金融用語です。2008年のリーマン・ショック以降から、金融用語として浸透してきました。例えば、欧米などの主要先進国の景気が良好な場合には、株式などに投資家の資金が向かいやすくなります。また、比較的リスクが高い新興国の株式や高金利通貨にも、ハイリターンを狙った資金が向かいます。対義語はリスクオフです。

引用元:https://www.smbcnikko.co.jp/

どんな時に使われるの?

リスクオフとは?

投資家がリスクを回避するようになり、より安全な資産に資金が向かいやすい相場状況を表した金融用語です。ここ最近では、中国の景気減速や米中貿易摩擦の懸念が再燃するとリスクオフ(リスク回避)となり、株式から比較的安全とされる米ドル(米国債)や日本円(日本国債)などに投資家の資金が向かいます。つまり、万が一に備えて、リターンは低くても安全な金融商品が選ばれる状況がリスクオフです。対義語はリスクオンです。

引用元:https://www.smbcnikko.co.jp/

どんな時に使われるの?

テロが起こったとき

景気が悪化したとき

戦争があるとき

 

 

まとめ

トランプ相場の特徴としてリスクオンの後はリスクオフになるケースが多い

スポンサーリンク